1. Top » 
  2. 引越し前の準備

引越しの梱包・部屋の掃除

引越しの機会にいらないものは処分、リサイクルしたら、次は部屋の掃除と引越しのための梱包です。

部屋の掃除は実家住まいの方は、それなりにでも問題ないと思いますが、すでに一人暮らししている人の引越しは念入りにやりましょう。

綺麗にして引越しする事で敷金の返却額が変わってきます。敷金は清掃費で引かれる場合もありますし、汚いままだと心証も良くありません。マナーですのである程度は掃除しましょう。

引越しの梱包ですが、とりあえず用意するのはダンボールとガムテープです。ホームセンターやコンビニに行けばいらないダンボールが貰えると思いますので、店員の人にお願いしてみましょう。

食器や日用品、ちょっとした家具などは、新居に越してから新しくダイソーやホームセンターで買った方がいいかもしれません。そうすれば引越しの荷物も梱包の手間も減らせます。

余裕のある人は、レンタカーを1日借りて(またはネット通販で)日用品やふとん(マットレス)、家具など新居で購入すれば、引越しの荷物の量が減らせ、結果的に引越し料金も安く出来ます。引越しにかける手間と新しい生活用品で暮らせることを考えればお得ではないでしょうか。

単身の引越しならそれほどの荷物にはならないと思いますが、引越し料金と買い換える事を比較して決めるといいと思います。

»お引越しで豪華特典プレゼント

引越し前の市役所の手続き転出届

新住所の市役所での手続きはもちろんですが、引越し前の旧住所でも市役所の手続きが必要です。

主な手続きは転出届です。新住所に転出しますという証明書で、新住所の市役所で転入届を提出する際に必要です。手続きは引越しする日の2週間前からできます。新住所が決まったら早めに手続きしましょう。

必要なものは身分証明書と認印です。新住所は自己申告です。

その他、該当者は
国民健康保険:必要な物 国民健康保険証、印鑑、転出証明書
国民年金:必要な物 国民年金手帳、印鑑、転出証明書
印鑑登録廃止届け:必要な物 実印、身分証明書などがあります。

現在、一人暮らしで引越しする人は忘れずに電気、ガス、水道会社に電話をして止めるようにしましょう。支払方法を銀行引き落としにしていれば、特に問題なく手続きが終わるはずです。

»お引越しで豪華特典プレゼント

»引越し後の役所の手続き

引越し見積もり比較

引越し業者は数限りなくあります。そこで便利なのが引越しの見積もりを一括で出来る、引越し比較サイトです。

引越しは、どこからどこに引越しするのか地域によって料金が変わります。近場なら安い業者、遠いほどお得な業者など料金設定がバラバラですのですので、見積もりを一括で比較できるサイトはとても便利です。

ある程度、荷物の量が決まったら比較サイトで検索してみてください。土日ではなく、平日に引越しする事でさらに料金を安くする事が出来ます。インターネット割引と平日割引、早割りでかなり割引率が加算されます。

»年間30万人以上が利用している引越し比較サイト

一人暮らしなら単身パック

初めての一人暮らしの人なら引越しの荷物は少ないと思います。やはり引越しで大きなウエイトを占めるのは家電です。家電を新居で買う予定なら荷物は少なくなります。

一人暮らし分の引越し用のプランが単身パックです。(各引越し会社で呼び名は変わります)単身パックは、大き目のボックス(横104×奥行104×高さ174)に詰め込める荷物なら、送料が一定になるプランです。

梱包はご自身で必要ですが、搬出・搬入は引越し会社が手伝ってくれますので重い荷物でも安心です。

ボックスの大きさ、送料など各社微妙に異なりますので比較サイトで検索し見てください。特にネット申し込みでは、WEB割引がありますので申し込むならネットからがお得です。

荷物の量によっては、ボックスに入り切れない場合もありますし、単身パックを使うまでもない荷物の量なら他のプランが安い場合がありますので、あくまで目安です。

»年間30万人以上が利用している引越し比較サイト