1. Top » 
  2. 一人暮らし節約のコツ

フレッツ光開通でパソコンか家電製品プレゼント

新しく新生活を始める人にお勧めのフレッツ光キャンペーンです。

フレッツ光の開通でもれなく、ノートパソコン、デスクトップパソコン、ゲーム機(PS3、Wii U)、液晶テレビ、サイクロン掃除機などの生活必需品の家電製品が貰えます。

フレッツ光のキャンペーンで気をつける事は、有料オプションへの強制加入です。ひかり電話程度なら安いですが、フレッツTVやU-NEXTなどは月額利用料金も高くなり、リモートサポートやウイルスクリアなどは特に必要なサービスでもありません。

これらに加入して高額キャッシュバックを受け取っても、使わないサービスを契約してるだけで、結局、毎月の利用料金が高く付く場合があります。

そのため、フレッツ光のキャンペーンでは、プロバイダと光回線の契約以外で、オプション契約が必要かどうかを確認する必要があります。

もう1点が商品の発送日です。

現金キャッシュバックなどは、多少遅くても待てるかもしれませんが、パソコン、ゲーム機、家電プレゼントで、何ヶ月も待たされてはあまり意味がありません。

特にパソコンプレゼントでは、ネット開通後、直ぐに使いたいものですので、いつ発送かを確認する必要があります。

»フレッツ光回線+プロバイダだけの申込で選べる特典!
(パソコン、PS3などは開通後1週間以内の発送です。)

契約は、プロバイダと光回線のみです。プロバイダは数種類の中から選べますが、ソニー系のSo-netなどがお勧めです。

新生活スタートでは、何かとお金がかかりますので、パソコンや家電製品の準備をフレッツ光の開通プレゼントに充てるのもいいのではないでしょうか。

ふとんセット

ひとり暮らしを新しく始める、これから引越しをする時に大きな荷物になるものの一つに布団があります。

引越し費用を考えるなら、ネット通販で送料無料で購入するのも一つの手です。ふとんは、羽毛布団などは高いですが、格安なものもありますので新しく買い替える良い機会です。

ベットの購入を考えている人は別ですが、安く買うにはマットレスと掛けふとんを買う方法があります。最近では、低反発のマットレスでさえ驚くほどの低価格で、これに掛けふとんを合わせても割安に購入できます。

»格安低反発マットレス

布団派の人は、格安に購入したいなら布団セットです。掛けふとんと敷ふとんがセットになった2点セット。これに枕を追加した3点セット。さらに掛け布団シーツ、敷き布団シーツ、枕シーツがセットになった6点セットなどがあります。

»格安ふとんセット

布団を新たに新調すれば、引越の荷物が減らせて、新品の気持ちの良い布団で眠ることができます。

一つ注意して欲しいのがカビの問題です。畳に布団の場合はある程度問題ないようですが、フローリングに直接ふとんやマットレスを敷くとカビが発生する場合があります。

夏は当然汗で湿気るのですが、冬も結露で湿気ます。フローリングが冷たく、布団が暖かくなりますので、窓に結露が溜まるのと同じ原理です。

畳は適度に汗や湿度を吸収してくれますが、フローリンの場合は床と布団に挟まれて湿気がたまりカビが発生することがあります。布団だけにカビが発生するのはまだ買い換えればいいですが、ひどくなるとフローリングにカビが生える場合がありますのでかなり厄介です。

毎日布団を干したりすれば問題ないですが、現実問題は難しい話です。ベットを置くのが難しい場合は、布団の下に専用のすのこマットを敷いたりして、通気性を確保してやると効果的です。布団のジメジメも減少させることができます。

すのこマットは、折りたためる物やロール式になっているものがありますので、ベットほど場所を取らず、薄くてコンパクトに収納することも出来ます。安さも魅力の一つです。
»すのこマット

クーポンで予約

外食するときに節約する方法としてクーポン券の利用がありますが、フリーペーパーなどの雑誌類は最終的にはゴミになります。まだ一人暮らしをしたことがない人には分からないかもしれませんが、雑誌類のゴミは本当に邪魔になります。

地方自治体によってはゴミは有料化されていますので、ゴミが増えることによってゴミ出し回数が増えるだけでなく、費用もかかります。

ペットボトルなどもそうですが、できるだけゴミを減らした方が手間と費用を削減できます。クーポン券で言えば、PCや携帯を使って電子化があります。

有名なフリーペーパーのホットペッパーもホームページから予約できますので、サイトからの利用をお勧めします。

詰め替えインクカートリッジ

プリンターの純正インクは高いです。コピーを良くする人なら消費も激しいでしょう。

格段に安いのは詰め替え用のインクカートリッジです。詰め替えインクは、メーカー保証が付きませんので、店頭ではあまり売っていません。

ネットで簡単に買えるのですが、ほぼどこのメーカー(キャノン、エプソン、ブラザー、HP、レックスマーク)、どの機種でも揃っていますので、お持ちのプリンターのインクを検索してみて下さい。純正カートリッジとの料金差に驚くと思います。
>>通販のe-問屋

当然、メーカー保証が付きませんので、故障の際は保証対象外になります。私も詰め替えインクを使ってますが、今の所は故障した事はありません。というか、価格差を考えたら純正に戻れません。

詰め替え用インクには、自分で注射器のようなものを使ってインクを注入するインクカートリッジと、すでにインクが詰めてある互換制インクカートリッジがあります。

手間を考えると互換カートリッジの方がお勧めです。何より互換カートリッジでも十分安くなっています。

送料無料自転車

最近は節約志向で自転車とジョギングがブームだそうです。交通費の節約としては自転車は便利です。一人暮らしなら原付か自転車があるととても便利です。

常にバスや電車などを使っていたら、交通費だけでも馬鹿になりません。

ネットでシティサイクルの自転車から折りたたみ自転車まで送料込みで1万円以内で買えます。ちょっとオシャレに決めたい人は、マウンテンバイクもいいと思います。

引越しで自転車を送ろうと思っている人は、送料を払うくらいなら買い換えた方がいいのではないでしょうか。

»送料込み1万円以内の折りたたみ自転車検索結果
»送料込み1万円以内のシティサイクル自転車検索結果

通勤、通学で定期券を持ってる人以外は、移動手段として自転車くらいはないと不便です。ちょっとした買い物なども自転車があると便利です。

自転車は盗まれやすいのでカギはしっかりかけましょう。

コンビニATM手数料無料

一人暮らしに限った事ではないですが、銀行のATMよりも何かと便利なのがコンビニのATMです。

24時間365日ATMを使えるのはもちろんの事、手数料の安い銀行を選べば、利用手数料を無料にする事ができます。

コンビニATMを無料で利用できる銀行として有名なのが、新生銀行と住信SBIネット銀行です。どちらもネット銀行に特化した銀行です。

新生銀行は、セブンイレブンATMやゆうちょ銀行を無制限で何度でも無料で利用できます。住信SBIネット銀行は、セブンイレブンATM何度でも無料と、ローソンATMやゆうちょ銀行が合わせて月5階まで無料で利用できます。
どちらの銀行も時間外や土日祝日手数料なども一切必要ありません。

また、ネットショッピングなどで便利なネットでの銀行振込ですが、住信SBIネット銀行は月に3回まで他行の銀行宛に無料で振込できます。新生銀行は、月に1回まで無料で口座残高が100万円以上あれば5回に増えます。

夜中に小腹がすいてコンビニに行く機会も多いかと思いますが、そんな時に無料で使えるATMは便利です。

オークションに不用品を出品

引越し前の荷物の整理でもそうですが、不用品はオークションに出品して少しでも稼ぎましょう。

オークションを出品する際は、手数料が必要になってきますので、大手オークションサイトの利用手数料を比較してみます。

Yahoo!オークション
月額費:346円(税込)
出品手数料:1商品につき10.50円(税込)
システム手数料:落札額の5.25%(税込)

モバオク
月額費:315円(税込)
出品手数料:無料
システム手数料:無料※
※自動車、バイクの車体販売には別途手数料が設定されています。

楽天オークション(サービス終了)
月額費:無料
出品手数料:無料
システム手数料:落札額の6.3%(税込)

ヘビーユーザーは、高い手数料を払ってもヤフオクです。利用者数が圧倒的に多いので高く売れる可能性が高いです。モバオクは、若者の利用者が多いので、若者向けの商品は高く売れるといわれています。楽天オークションは、売れるまでは手数料が必要ありませんので、とりあえずのお試し出品には便利です。

オークションは、梱包、発送で多少の手間がありますが、売れたら儲け物という感じで出品してみてもいいと思います。小遣い稼ぎにはなりますし、少しの出品ならそれほど手間にもならず、オークションは楽しいものです。

プロバイダーの見直し

節約のために定期的に見直したいのがプロバイダーです。インターネットの新規契約ほどのキャンペーンはありませんが、数ヶ月間の無料キャンペーンを利用して、月額料金の安いプロバイダに切り替えることができます。

単純に月額利用料金を安くしたい人は、BBエキサイトとGMOとくとくBBです。両社とも500円台のプロバイダ料金で、業界最安値水準です。

»【GMOとくとくBB】プロバイダー乗換キャンペーン
»【BB.excite】フレッツ光 接続料割引キャンペーン実施中!

毎月の料金ですので、例え月額数百円しか変わらない場合でも、1年間で見ると大きく差が付きます。キャンペーンは見逃さずに乗り換えする事をお勧めします。

どうしても使いすぎたらキャッシング

一人暮らしは自立する良い機会ですが、どうしても誘惑に負けてお金を使いすぎる時があります。毎月ちゃんと貯金している人なら問題ありませんが、貯金のない人はそのまま生活に支障が出ます。

実家暮らしなら、住むにも食うにも困る事はありませんが、一人暮らしなら家賃、光熱費、食費に直結します。他人に迷惑をかける、まさかの滞納だけは避けるべきです。

こういった場合は、カードキャッシングローンが便利なのですが、利用には十分注意してください。まず、キャッシングローンの金利の確認が必要です。

給料日までのつなぎとして利用するなら、ノーローン(新生銀行グループ)がお得です。

ノーローンは、1週間は無利息で借りる事が出来ます。1週間以内に返済すれば、利息が必要ないということです。今月使いすぎて、給料日まで後1週間食いつなぎたい場合など、5万借りたら5万円返済するだけです。

もし1ヶ月(30日)借りたとしても、30日-7日(無利息)ですので23日分の利息を支払うだけです。30日間10万円を借りても利息は1,134円で業界最安値級になります。

借りなくてもいい生活ができれば良いですが、借りる場合はこういったノーローンの無利息キャッシングを上手に利用してください。

日用品の節約

一人暮らしの節約として、自炊する時もそうですが、シャンプー、リンス、トイレットペーパーなど日用品などもお店によって値段が微妙に違ってきます。

消耗品ですので、どこのお店が安いかを引越し後にチェックしておくと便利です。日用品はスーパーよりドラッグストア、ホームセンターなどが安い傾向があります。

シャンプーやリンスは詰め替え用を買うと便利です。安いのはもちろんですが、問題はゴミです。一人暮らしってゴミが増えるのが面倒くさいんです。

かさばる雑誌はもちろん、ペット容器は分別しなくてはならず手間が増えます。おそらく、一人暮らしを始めるとペットボトル飲料を買う回数は減り、紙パックを買う回数が増えると思います。

地域によってはゴミは有料ですので、ゴミ袋も高いんです。

実家にいる時は気にしたこともなかった日用品でも、一人暮らしになると定期的に買わなきゃいけません。こういう時、一人暮らしは面倒でお金がかかるなと思います。