1. Top » 
  2. 節約グッズ

電気代節約グッズ

ここでは電気代の節電グッズを紹介したいと思います。特に電気を使うエアコン、暖房の節電がうまく行けば、電気代の節約になるのではないでしょうか。

雷ガード付き節電タップ

節電の一番手に挙がる節電タップです。ただ、待機電力を減らしても、電気料金は微々たるものですし、毎回毎回ON-OFFする面倒さを考えるといつの間にか忘れてしまいます。

温暖化防止スペース暖 断熱カーテン

断熱カーテンです。外からの温度を断熱して、夏は涼しく、冬は暖かく部屋を保つ事ができます。

YAMAZEN 省エネホットマット

ホットカーペットやコタツ敷きの下に敷くだけで、床からの冷気を防いで、熱を下に逃がさないためのアルミシートです。保温効果が高まりますので設定温度を低くでき節電になります。

窓際温度3℃アップあったかボード

窓際に設置する事で、外気からの冷気を防ぎます。外からの冷気を抑えることで、部屋の中の温度が下がりにくくなりますので、暖房器具の節電になります。

電気を食うエアコンですが、フィルターをまめに掃除するだけでも効果があるようです。また、エアコンの温度は高めにして、扇風機を回した方が、体感温度は涼しく電気代の節約にもなります。

通話料の節約

通話料の節約方法です。最近では、携帯の無料通話も増えて便利になりましたが、それ以外にも安く出来る方法の紹介です。

固定電話を引いている人は、NTTのプラチナ・ラインに登録すると各種通話料割引が受けれます。通話料金として、県内へ一律 8.4円/3分、県外へ一律15.75円/3分、携帯へ一律16.8円/1分、国際電話アメリカへ9円/1分で通話できます。

IP電話や光電話を契約していないのなら、特に長距離電話がお得になるサービスです。請求書も一本化できて1ヶ月の利用料金も分かりやすくなります。

インターネットを契約しているなら、やはりスカイプが安いです。

スカイプの月額プランなら695円で日本国内の固定電話に話し放題です。月額1495円プランなら世界40ヶ国以上の固定電話に話し放題です。

ただ、余程ののヘビーユーザーで無い限りは、 プリペイド料金プランの方がオススメです。1分約3円で国内の固定電話に通話できます。スカイプは国際電話料金として格安で威力を発揮するのですが、固定電話の無い人も国内電話で利用すれば安くなります。

プリペイドの有効期限も最後にクレジットを使って製品や機能を利用した日から180日間です。1度使えば180日間延長されますので、期限をあまり気にする必要がありません。

また、通話料の節約と合わせて、プロバイダーの見直しも検討してみてください。

>>電気代節約グッズ   >>ガス代節約グッズ   >>水道節水グッズ  

ガス代節約グッズ

ここではガス代の節約グッズを紹介したいと思います。特にプロパンガスで高い料金を払ってる人は、ガス代の節約は効果的です。


ガスダイダイエット

まずはキッチン周りからです。ガスダイエットは、ガスコンロに置くだけで、熱効率を高めてガス代を節約できます。セラミック制で遠赤外線効果も期待できます。


蒸し料理が出来る炊飯蒸籠

料理の手間も省ける便利グッズです。ご飯を炊いた蒸気でゆで卵と蒸し料理ができるグッズです。冷凍食品などを蒸してもいいですし、料理をする人は、かなり時間と手間を省けると思います。


次はお風呂関係の節約グッズです。


節水シャワーヘッド

水道代の節水グッズの定番のシャワーヘッドの交換です。シャワーのお湯の量が減れば、おのずとガス代の節約にもなります。交換工具などは不要です。


レンジでECO お風呂用

お風呂の保温グッズです。レンジでECOを電子レンジで暖めて、お風呂に沈めます。これで4~6時間お風呂を保温できます。お風呂用のほかに湯たんぽ用もあります。

水道代節約グッズ

ここでは水道代の節水グッズを紹介したいと思います。

一番お手軽で効果があるのはシャワーヘッドの交換です。お風呂をシャワーだけで済ませる人は、特に効果が高いと思います。


節水シャワーヘッド

節水シャワーヘッドは、取り付け工具不要で取り付けることができますので心配ありません。節水効果は、30%~50%を謳っているものが多いで。節水が出来るという事は、お湯を沸かす電気やガス代の節約にもなり、一石二鳥です。

また、シャワーヘッドには節水、かつ水の勢いを増す事ができる商品があります。シャワーの勢いが無い場合でも効果的です。


シャワーの次は蛇口タイプです。こちらは取り付け後に水流をシャワーとストレートに切り替えて使う場合が多いようです。


首振り節水キッチンシャワー

蛇口タイプの取り付けをお考えなら、浄水器も一緒に比較してみるといいと思います。浄水器も今は安いものからあります。定期的にカートリッジの交換をなくなてはいけないのが面倒ではありますが。